東日本大震災で被害にあわれました皆様に、心よりお見舞い申し上げます

鳩山石材は地震にも強いお墓を作っています

平成23年3月11日の東日本大震災で被害にあわれました皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、ご犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
お墓が倒壊していますこのたびの地震では、東北地方にのみならず、関東地方におきましても被害にあった地域がありました。内陸部に位置する埼玉県でも地震動による墓石等の倒壊、また、液状化現象で基礎ごと不同沈下(傾いた状態で地盤に潜ってしまう)等の被害にあった地域もありました。幸いなことに、弊社の施工したお墓では被害はありませんでした(弊社の施工したお墓は他県にもありますが、どちらも被害はありませんでした)。
お墓にしても家屋にしても、建立する全ての地盤が強固なわけではありません。しかしながら、地震に対して何も対応策がないわけではありません。弊社では地盤があまり強固でないところにはD・BOX工法を取り入れて対応しております。もちろん地盤が強固だからなにも起こらないわけではありませんので、一手間、一工夫を惜しまず地震に強いお墓をと皆様にご提案しています。
鳩石の地震対策」では耐震実験の動画を見ることが出来ます。是非ご覧になり、「地震対策チェック」で気になるところがないか確認してみてください。

 

鳩山石材がD・BOX工法をおすすめする理由

D・BOX工法」と聞いて、すぐに思い当たる方はなかなかいないと思います。簡単に言いますと、あまり強固でない地盤を補強し、揺れを低減させる工法です。この工法はメトリー技術研究所が研究開発した、地盤補強・振動低減対策・液状化対策・凍害対策、等の複合効果を合わせ持つ地盤改良の工法です。今回の大震災におきましても、D・BOX工法で施工したお墓の被害はなく高い安全性が実証されました。
鳩山石材がオススメする大きな理由は以下のメリットがあるからです。

このように「備えあれば憂いなし」のD・BOX工法。これからお墓を建立される方は是非ご検討下さい。
※当社で採用しているD・BOX工法はメトリー技術研究所の登録商標です。

 

まだ間に合います!お墓をリフォームしましょう

お墓が倒壊しています先祖代々の大切なお墓が地震で倒壊してしまったり、地盤が歪んでしまったりしては大変です。鳩山石材ではそうなる前にリフォームをして、基礎から作り直すこともご提案させて頂いております。お客様の希望をお聞きし、残すところ、新しく作るところを精査し、地震に強いお墓に作り直します。基礎の部分はどうしても目に見えない部分ですが、実はそこがとても大切なところ。もちろん鳩山石材は目に見えない部分も丁寧に施工しています。
お墓が気になる方、修理やリフォームが必要な方、お気軽にお問い合わせ下さい。実際に見せて頂き、ご提案とお見積をさせて頂きます(お見積は無料です)。
お電話でのお問い合わせは、0120-513-919まで。メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。
鳩山石材のホームページはこちらです。

ページを閉じる